2016年2月の一枚

今年の冬は雪が少なく、例年の半分以下の積雪。

気温の寒暖差も大きく、2月には珍しく雨の降る日が何日もあって、

春の足音も聞こえてきそうです。冬の渡り鳥も北へ帰り始めました。

今月の写真は、冬の名残の白い霧氷で縁取られた枯葉。

寒さの中でも、なぜか心温まるような気分にしてくれます。

この白いアートもすぐに溶けてしまい、

まもなく、早い春がきそうな気配です。

(画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます)

 

16.02 白い縁飾りjpg

「白い縁飾り」(撮影地:宮城県栗原市)

 

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です